クリスマスにも!イタリア~ンなトマト鶏しゃぶ☆

前回に引き続き、
ちょっと特別感のある“鶏しゃぶ”アレンジを
ご紹介しますね。

クリスマスにもぴったり!
トマトしゃぶしゃぶです♪

pc065785
真っ赤☆

緑の野菜やチーズの白を加えれば
ますますクリスマス感アップですね!

トマト鍋のベースは、

トマト缶(カット) 1缶
水 適宜
コンソメキューブ 1個、
ニンニクすりおろし(チューブでもOK) 適宜
塩コショウ 適宜

適宜ばっかりですみません笑

しゃぶしゃぶしたら、
特に何もつけずにそのままパクっ。
ですが、
おすすめは、
煮えた野菜やトマトの実の部分を
しゃぶしゃぶしたお肉で包んで
一緒に食べること。
トマトがたっぷり絡むので
一段とおいしくなります!

実はトマトって、
うまみ成分のグルタミン酸が豊富。
加熱するとグルタミン酸が濃縮されておいしさアップ。
「トマト出汁」もあるくらいなんですよ。

しかも、美肌にもおすすめ。

トマトの成分といえば
赤い色素の成分・リコピンが有名ですね。
リコピンには抗酸化作用があるんです!
抗酸化は、肌や体内の酸化・老化を防ぎ、
“さびない”体づくりをサポートしてくれます。
トマトを加熱することで、
抗酸化作用が3倍になるという調査も!

鶏ムネ肉に含まれている
抗疲労成分「イミダゾールジペプチド」を、
このブログで何度かご紹介していますが、
抗酸化作用も期待できるんです!
だから、心と体の疲れにいいんですって。

トマト鍋×鶏ムネスライスで
さびない力倍増!?!?ってわけです!

そうそう、
トマトしゃぶしゃぶの具には、
モッツァレラチーズもおすすめですよ~。

モッツァレラ
ちょっとスライスが厚すぎですけど
(僕の技術ではこれが精いっぱいでした…)

とろーんととろけたところを
そのままいくもよし、
肉や野菜と絡めるもよし。

トマト雑炊
シメはやっぱりトマト雑炊。
こちらは、ピザ用の
とろけるチーズをたっぷり入れて。
トマトの酸味とチーズのまろやかさ、
たまりません……!
博多生まれの「はかた一番どり」が、
完全にイタリアンです……!

あっ、ひとつだけ注意点を。
トマト鍋でしゃぶしゃぶすると、
しゃぶしゃぶしたお肉がトマトの
ピンク色に染まるので、
しゃぶしゃぶする時の
「しゃぶしゃぶしたお肉が白くなったらすぐ食べる!」
というタイミングが、
ちょっとわかりづらいんです笑

ムネスライスは2mm、
手羽元スライスは3mmの薄さですから、
すぐにしっかり火は通ります。
加熱しすぎないように見極めて、
おいしいトマト鶏しゃぶを楽しんでくださいね!


PAGE TOP