水炊きスープで風邪予防

日本全国でインフルエンザが猛威を振るっていますね。
立春を過ぎて暦の上では春が来ましたが、
まだまだ寒い日が続きます。

15_1
博多水炊きでは、
一気に肉や野菜を入れて炊くのではなく、
まずスープを飲みます。

このスープは、鶏ガラや手羽先など
濃厚な鶏ダシが出る部位で先に作っておいたもの。
まずそのスープをいただくんです。
ちょっと塩やネギを散らしたり。

スープをいただたら、
そこに骨付き肉やもも肉などを追加して肉を食べ、
そのあと野菜や豆腐。
最後は雑炊や麺でスープを最後まで残さずに完食。

これが、王道の博多水炊きの食べ方です。

水炊きを楽しむために、前日からガラスープを仕込んだりして、
お母さんの手間と愛情がかかってるんですよね。
僕の母もよく作ってくれましたが、
スープを飲むときは、決まって

「これを飲めば風邪にならないよ」

福岡のお母さんたちは、
風邪予防の願いを込めて栄養満点の水炊きを
作ってくれていたんですね。

そばちょこなんかでちょっとだけいただくスープは、
おいしくてあたたかくて、特別感もあって、
とてもうれしかったのを覚えています。

当店の水炊きセットには、もちろんスープもセット。
スープ単品でのリピーターも多い、人気商品です。
水炊きのおいしさを決める自慢のスープ、
ぜひご賞味ください!


PAGE TOP